ゼネコンマンと嫁が書く

ゼネコンで勤める日常、建設業会、建築のことを主に書きます。

施工管理と工事監理の違い 『管理』と『監理』の違いとは?

f:id:kentikukun:20171006140343p:plain

みなさんは「さらかん」「たけかん」って聞いたことありますか。

「さらかん」と「たけかん」って?

建築業界には工事管理する人工事監理する人がいます。どちらも読み方はコウジカンリです。

ややこしいですね。

これを区別するために「さらかん」と「たけかん」という呼び方をします。

漢字をよく見てみてください「管」と「監」

漢字の中に「竹」と「皿」がはいっていますね。

「たけ」と「さら」で同じく「かんりする人」ってことで

「さらかん」「たけかん」となっているわけです。

工事管理と工事監理って何が違うの??

同じ読み方ですが、漢字が違います。 当然意味も違ってきます。

「管理」・・・よい状態であるように気を配り、必要な手段を(組織的に)使ってとりさばくこと。

「監理」・・・監督・管理すること。とりしまること。

漢字としては以上の意味を持つようです。

建築業界では

「工事管理」・・・いわゆる現場監督・ゼネコンマンが行います。現場の工程管理や職人さんの段取りなど、工事が安全かつ段取り良く進むようにすることです。

「工事監理」・・・いわゆる建築の設計者などが行う場合が多いです。施工されたものが、設計図通りに作られているかを確認すること。 またそれができるように施工者と打ち合わせながら進めていくことです。

「監理」について建築士法でもていぎされており、「建築士の責任において工事を設計図書と照合し、それが設計図書のとおりに実施されているかいないか確認すること」とされています。

まとめ

同じ「カンリ」でも立場や行っていることは全く違いましたね。 知っていてもあまり役にたたないかもしれませんが・・・

建築業界ではよく出てくる言葉の一つです。